Pocket

SPチーム

IoT(Internet of Things)を駆使したゴミ箱(以下、スマートビン)を本格的に開発し、それを含めたネットワークも加え、ゴミ収集環境も持続可能にするビジネスモデルを設計し、立命館大学BKC、滋賀県草津市へ段階的に導入する。

SP:
スマートゴミ箱を通した顧客分析と回収環境改善を一括管理する商業施設向けシステム